力を抜く

正しく力を入れるために、きちんと力を抜く、という体感が必要です


頭ではわかっていても、なかなか力を抜くという所作は難しいようです


立ったまま、足の力を抜いてくださいとお伝えしますと・・・

それでは立てなくなります、と返ってきます


力を抜くという所作は力を込めるとは違う難しさがあるようです


正しくは最小限で、無駄な箇所の力を抜く、ということです

必要な箇所に必要な分量の力を込める、という表現でもいいですね


どうも、一生懸命にスポーツを続けていた方ほど、この感覚が難しいようです

がむしゃらに頑張ってきた結果、体の感覚に意識を向けるという所作とは縁遠いことをなさってきた結果なのでしょうかね


座禅や瞑想を取り込むことで、虚脱の方法を理解しようとなさっている方々が多いのもうなずけます


体術・武術は力が抜けたときに宙を切る音に変化を感じたり、流れが変わるという外観的な変化で理解する方法があります


漠然とできたかも?

ではなく、傍から見ていても、その変化を見て取れますので、より分かりやすい、ということです


うまく力が抜けてくると、いわゆる腕が上がるという状況になってきます

113回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示