生命と気について

生命と気について調べていますと、


生命の生まれた原理を科学的な説明があるかを調べていますと、いくつくのがRober M. Hazen博士の論文に行きつきます


なかなかおもしろい内容です


ざくっと省略しますと、生命の身体には金属が存在し、それが必要不可欠なものということです


この辺のお話もミネラル勉強会でする予定です


あと、去年だったかな、流行っていた水素に関してもお伝えできればと想います

軽水素や重水素なんてお話です

マイナスイオンと呼ばれている状態を知らない方も多いですしね


知れば知るほど、水素は面白いですし、合わせて水も不思議なものだということに気が付きます


この水と水素の関係を紐解いていくと、気というものも理解できてきます


ここから、だから気は○○な性質があるのか!

ということが科学的な解釈から理解もできます


古くから伝わる情報を現代の智識を持って理解していく、こうした流れを整理していくのも本来のお仕事の1つかと感じております


それにしても・・・○○とふせなければいけない、というのも現代の智識という枷ですね

○○法にひっかかる。。。


良くも悪くも現代との共栄です


ちなみに文字数は適当です○○で2文字ではございません^^;


自身で理解している範囲にはなりますし、専門職でもございませんから、ある程度の省略した形でお伝えすることにはなりますが、それでもこの世の根底を理解するには参考になるものと感じております


この辺の情報をご理解いただくと、日々をどのようなことを意識しつつ育んでいくか、ということもご理解いただけるかと感じております


112回の閲覧0件のコメント