御門会~體術『腰側面の柔軟性と位置の調整(立式)』を公開いたしました

腰まわりを調整する方法です

これまでとの違いは、腰の側面を特に調整します


この腰の側面というのが、なかなか整えることができません

それでいて、しっかりと腰を立てる所作において必ず影響を及ぼします


体側を意識することで、血液やリンパ液の循環もよくなります

とくに事務作業など座り続けた後では体側はより固まっていますので、日々入念にほぐしてみてくださいね


武術などで臍下丹田をより活用したい場合にも、腰の側面はより重要度が増します

日々の日課として取り組んでみてください


講座一覧 體術初伝四巻

よりご参照ください



58回の閲覧0件のコメント