御門会勉強会〜具現化を阻害するもの

平行多重世界の実践の中での疑問点について回答させていただきました

方法はあっている・・・

あっているにも関わらず、罠にはまっている、という状況に陥っている場合もございます


この罠について、ご説明をいたしました


平行多重世界は無自覚の自身の癖をいかに気が付くか、という実践です

どうすればよいのか、という手法以前に、気が付くことで即時に解決されることも多いです


この癖を気付くために周囲の方々との接点や反応、現在居心地の良いと感じている環境を丁寧にひも解くことで、たくさんの気付きにもつながってきます


もし、気が付かないと・・・

大丈夫です、ちょっと課題が多くなったり、強くなったりして、気づきが起きやすい状況になります

慌てずにじっくりと取り組む場面も大切です


『御門会』勉強会2021年度(2)

よりご参照ください

※2021年度を2つに分けました


閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示