御門会勉強会〜人の見極め方法と十界互具について

平行多重世界のお話をお伝えしている中で、人との関わりという内容をお伝えすることがありました

こちらは古くから伝わっている内容をお伝えするのに仏教にある十界互具という考え方を参考にすると大変よくまとまっています


過去にも寛太にお伝えした内容ではありますが、今回はより詳細な内容、とくにそれぞれの界に存在する人種の特徴についてお伝えしました


これを見ると、相手が見える・・・

ではなく、ご自身が今いる界がどこかが見えてきます


まさに人は自身の鏡ということです

この点を踏まえて、平行多重世界を活用いただくと、より加速度的に物事を進めるきっかけにもなります


嫌いな相手に自信の特徴があった、なんてことに気が付いたときの衝撃はものすごいものがあります。。。


1)型・枠をみる

2)十界互具の詳細について


以上2点を収録いたしました


ご質問がございましたら、随時に収録いたしまして公開をさせていただきますので、ぜひお伝えください


『御門会』勉強会2021年度(2)

よりご参照ください

※2021年度を2つに分けました


52回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示